たゆたう信州

sinsyu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

関弁連シンポ「ケータイ世代の子どもたち」

信濃毎日新聞平成21年9月26日
http://www.shinmai.co.jp/news/20090926/KT090925SJI090027000022.htm

「子どもと携帯」長野でシンポ 利用や問題を報告 9月26日(土)

 県弁護士会と関東弁護士会連合会は25日、「ケータイ世代の子どもたち」と題するシンポジウムを長野市内のホテルで開いた=写真。子どもの携帯電話の利用実態やトラブルについての報告やパネル討論があり、約350人が参加した。

 県内外の弁護士4人が基調報告。安藤雅樹弁護士(松本市)は子どもの携帯電話について、「(利用目的の)大部分はメール。ほかは音楽のダウンロードか、ブログ(日記風サイト)などへの情報発信だ」と説明。「掲示板に悪口を書かれ、個人情報が流出するなどトラブルに遭遇する子どもも多い」と指摘した。

 教育関係者や弁護士ら4人によるパネル討論で、大阪府寝屋川市教育委員会の竹内和雄・指導主事は、同市で実施したアンケート結果を紹介。「携帯電話は小学生の5割、中学生の8割が持ち、子どもの生活の一部になっている」とし、「いじめの悩みなど、直接話しにくいことをメールで友人や若い先生に相談するケースが増えており、携帯電話には新たな可能性もある」との考えを示した。


1年以上に亘って準備を進めてきた関弁連シンポジウム「ケータイ世代の子どもたち」が昨日開催され、私も基調報告をしました。

上記の信毎の記事に書かれた要約では(文字数の制限があるのでしょうがないのですが)私の発表内容を尽くせていません。
私の現状認識は、子どもたちの多くは冷静にケータイを使用しているというものです。
確かにケータイによってトラブルに遭遇する子どもはいます。しかし、多くの子どもは「トラブルにあったことはない」と答えています。あったことのあるトラブルにしても、チェーンメールや迷惑メールを送られた、という程度が大半です。
現在、マスコミはケータイ・インターネットのマイナス面をむやみに強調しているきらいがあります。

石川県条例の制定を初めとして、子どもへのケータイ所持禁止といった規制をする動きが強まっていますが、これは間違っています。
ケータイ・インターネットには無限の可能性があります。
ケータイネイティブの子どもたちが成人し、社会の中心になるとき、自己表現をきわめて身近なものとしている彼らがどのような動きを見せてくれるか、その技術や発想が日本をどのくらい発展させてくれるか、楽しみでなりません。

本シンポジウムと宣言が、現在の規制の流れを止める一助となることを望みます。
by shinsyu_onsen | 2009-09-26 22:29 | 出来事

安曇野市豊科・田淵行男記念館前の蝶

山岳写真や高山チョウの写真などで有名な田淵行男記念館の玄関前で、蝶が舞っていました。

d0142618_9591623.jpg

by shinsyu_onsen | 2009-09-23 09:59 | 信州の風景

上田市野倉・喫茶パニ

別所温泉から車で10分ほど山の中に入っていったところに、喫茶「パニ」があります。
知ってる人しか行けないような場所にありますが、かなり人気があり、賑わっていました。
店内の雰囲気もよく、テラスからは穏やかな山風景が眺められます。
オープンサンド(1100円)をいただきましたが、野菜が新鮮でとても美味しかったです。

d0142618_19594710.jpg


d0142618_19592862.jpg

by shinsyu_onsen | 2009-09-21 20:01 | 味処・喫茶店

上田市塩田平の初秋

上田市の塩田平を散策しました。
前山寺近くの駐車場に車を止めて、別所温泉まで歩きました。
7~8キロ、2時間30分くらい。
帰りは周遊バスで楽々と帰りました。

前山寺は脇から三重塔をのぞき見できます。
d0142618_19435159.jpg


塩野神社は神々しい雰囲気のある立派な神社でした。
d0142618_1944690.jpg


果物もあちこちで実っていました。
d0142618_1947175.jpg


葡萄も美味しそう。
袋をかぶっていないのがちょっと珍しく思いました。
d0142618_19481179.jpg


道端の葉の上で蛙がじっとしていました。
d0142618_19484759.jpg


ソバ畑と秋の空。
d0142618_19492431.jpg

by shinsyu_onsen | 2009-09-21 19:52 | 信州の風景

八ヶ岳;稲子湯~本沢温泉

八ヶ岳にある歩いてしか行けない温泉、本沢温泉に行ってきました。
今回は、少し時間がかかりますが、稲子湯をスタート地点にしました。
本沢入口をベースにすると、2時間ですが、RV車ならもっと近くまで行けるため(徒歩1時間強くらいまで短縮できる)、歩いている横を車がすり抜けていくのです。それは癪ですし、車道(林道)を歩いていくので風情もあまりなく、面白みも少ないので、今回は違うルートをとることにしました。

稲子湯からみどり池まで2時間。こちらの道は最初から登山道で、トレッキングを楽しむことができます。
途中で車道(許可車のみ)が無くなったところくらいから、資材や荷物を運び上げたのか、小さな鉄道(というのか)のレールの跡が見え隠れします。
これは廃線マニアを初めとして、鉄分の多い人には興奮ものではないでしょうか。
暗い森の中を縫っていくレールの様子がたまりません。一部登山道はそのレールや枕木(すごく簡素なものですが)の上を歩いていく形になっています。

d0142618_20103070.jpg


みどり池は小さな池で、そのほとりにはしらびそ小屋が建っています。
殆ど休憩もせずに、本沢温泉に向かいます。
みどり池から本沢温泉までは尾根を一つ超えます。つまり、登ってから下るので、ちょっと勿体ない感じがします。
八ヶ岳らしい原生林も見られました。
この倒木の切り株には苔がむしており、こうやって何百年もかけて倒木が森に帰っていくんだな、と悠久の時の流れに思いを致したりします。

d0142618_2017358.jpg



みどり池から1時間10分ほどで本沢温泉に着きました。
内湯も入りたいと思ったのですが、宿泊が多いとのことでダメとのことでした。
本沢温泉の山小屋から露天風呂までは10分ほど。600円を払って向かいます。

絶好の天気で、硫黄岳の爆裂火口が綺麗に見えています。
少し紅葉も見られました。
この下に見える沢沿いに露天風呂があります。

d0142618_2020249.jpg



やはり、ここの露天風呂はいつ来ても最高です。信州一と断言します。
脱衣所も何もなく、ほったらかされているような露天風呂ですが、硫黄岳を見上げて入るというこの開放感がたまりません。

d0142618_20301346.jpg


しばらく白濁のお湯を堪能して、稲子湯に戻りました。帰りは本沢温泉~みどり池=60分、みどり池~稲子湯=70分くらいでした。

本沢温泉のみを目的とする場合、山登りも楽しみたいのであれば、メジャーではありませんが、こちらのルートの方がオススメです。
by shinsyu_onsen | 2009-09-20 20:30 | 信州の風景

松本市・藤井谷入り口の白山神社

美ヶ原温泉の奥の方に歩いていったら、藤井谷というところがありました。
看板説明によると、蝶の生息地として全国的に有名とのこと。全国的に有名、というのは眉唾ですが、確かに蝶が舞っていました。
すぐ近くにこんなところがあるとは知りませんでした。

その入り口に白山神社という簡素な神社がありました。

d0142618_2344721.jpg

by shinsyu_onsen | 2009-09-20 02:35 | 信州の風景

松本市・晩夏の美ヶ原

天気がよかったので美ヶ原に出かけました。
山本小屋から美しの塔を経て、王が頭まで往復しました。
牛が放牧されているオンシーズンに訪れたのは久しぶりな気がします。

d0142618_16473184.jpg
d0142618_16474823.jpg
d0142618_16475688.jpg

by shinsyu_onsen | 2009-09-13 16:52 | 信州の風景